2019/05/09 16:34

透明なのに醤油 話題の「透明醤油」にせまってみた

toumei_syouyu
toumei_syouyu

 醤油は地方によって味が甘かったりしょっぱかったり、色が濃かったり薄かったりと色々あります。また、料理によっては濃い色と薄口を使い分けることも。そんな醤油が、何と透明になって販売されていると話題になっているので、さっそく販売しているメーカーに「透明醤油」について聞いてみました。

マグロの漬け

 この「透明醤油」を販売しているのは、熊本県にある株式会社フンドーダイ五葉。フンドーダイ五葉は2019年の3月で創業150年を迎えた老舗メーカー。その150年特別商品として先に販売されたのが、高級醤油「平成」という特醸甘口醤油(本醸造醤油)。これは熊本・九州の醤油の味を全国や世界に広げていきたいとの思いで作られたそう。

 そして、次の新しい試みとして、提案型の商品「透明醤油」が開発されました。その注目度は高く、発売直後から地元メディアの紹介やSNS等でも大きく注目され、話題になっています。

 「透明醤油」は、色合いを透明にすることで「醤油=和食」の概念から脱却し、和食以外にも広く使える醤油として、素材の色などを生かした調理に向いているということです。例えば、普通にお刺身などにつけるほかにも、透明醤油をジュレ状に仕立てて作る「醤油ジュレのカルパッチョ」や、エビの色鮮やかさを引き立てた和風パスタの味付けにも。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >