2017/12/12 15:30

レンチンして冷蔵庫に入れるだけ!深夜も罪悪感ゼロの「もやしレモン」4レシピ

レンチンして冷蔵庫に入れるだけ!深夜も罪悪感ゼロの「もやしレモン」4レシピ
レンチンして冷蔵庫に入れるだけ!深夜も罪悪感ゼロの「もやしレモン」4レシピ

レモンといえばソーダやムースなど夏の食べ物という印象ですが、じつは国産レモンの旬は11月から2月ごろの秋冬。輸入品が1年中スーパーに並んでいるので気づきにくいですが、みかんやゆずと同じ頃にピークを迎えているのです。

数年前、レモンを塩に漬けて発酵させる「塩レモン」が万能調味料として大流行しましたが、この2年はレモンそのものの味が再ヒットしています。「瀬戸内れもん」のスナックや調味料を見かける機会も増えました。

そんなレモンの次なるブームが「もやし」らしい?

 

もやし1袋買っても食べ切れる!

糖質制限を手がける管理栄養士の大柳珠美さんによれば、いまのおすすめは「もやしレモン」なのだそう。

ポイントは、一般的な緑豆もやしでは無く、大豆を発芽させた大豆もやしを使うこと。大豆もやしに白だしをかけ、レモンを合わせれば完成!

大豆もやしとレモンの組み合わせは味や風味だけでなく、栄養素の点からも良相性。また、大豆もやしにレモンをかけることにより、保存性が高まるとも言われています。通常購入から 1 日くらいしか持たないもやしですが、『もやしレモン』にすれば、3 日間は保存が可能です。おかずやおつまみとしてそのまま食べても、料理の中に加えても美味しく食べることができます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >