2018/03/29 18:00

「餃子にロゼ」まさかの組み合わせにおじさんがハマった件

「餃子にロゼ」まさかの組み合わせにおじさんがハマった件
「餃子にロゼ」まさかの組み合わせにおじさんがハマった件

先日、「メルシャンのロゼワインセミナーがあるよ」と話したら、部内の楽しいこと大好き系おじさんが高反応したんです。

「オッ、いいねえ」的なノリで。

そしてセミナーに行って帰ってきたら「もう明日からロゼしか飲まないから!」くらいの勢いでロゼを布教する人になっていたのです。

あれっ、ビール党だと聞いていた気がするけど……いったい何が起きたのか聞いてみました。

 

ご紹介します。おじさん55歳

いつも大きな声で陽気な55歳。営業管理職。清潔感高い。

おじさん55歳:いやー、のっけから何だけど。俺、お酒、飲めなくはないけどあんま飲まないのよ。

 

同行した31歳女子も手元で登場します。

同行した31歳女子:あー、意外と飲まないですよね。おじさんの割に。

マットには今回のワイン名が書かれています。

オ:しかも、好きなほうからビール・日本酒・焼酎・ワインの順なのよ。焼肉と中華大好き、炭水化物大好き。

 

女:(あまりにも典型的なおじさん……)

 

オ:でね、今回は餃子とロゼと聞きまして。正直、「あの甘いのと餃子?」って、ちょっとナメてたのよ。ごめんなさい。

 

女:私も、ロゼって甘いイメージでした。

 

オ:ところがね、俺のロゼ観は完全に間違っていたね。本当にごめんなさい。

 

女:わかる。私もです。

 

オ:改めてこうして飲んだら、ぜんぜん甘くないの。辛口なの。むしろ「辛口ってこういうことなんだな」と大実感する辛口っぷりなのよ。驚いたよ、普段飲まないから、俺の情報が古いままなんだよね。

 

女:私はご覧の通りに若い女性ですけど、それでもロゼはわざわざ飲む機会があんまりないですね。普通に泡を頼んじゃう。なので私も甘いイメージを持っていたから、一緒にびっくりしました。

 

オ:だからね、日本のおじさんたちは大損してましたね。イメージだけでこんなおいしいものを知らないだなんて。

 

 

ここから一方的におじさんのロゼ愛ターン

会場となったGYOZA ITの餃子。

オ:俺ね、これをきっかけに、まず店の選び方が変わったね。だって、ロゼってどこにでもは置いてないでしょ? ロゼが置いてある店に行きたい。

 

オ:あのね、おじさんてみんな、サービス精神がすごいのよ。周囲に喜んでもらったらすっごいうれしいの。うわーやったーいまオッサン株急上昇みたいな、そういうのがマジで生きがいなの。

 

オ:そこに餃子なんてサイコー。「餃子とロゼ合うんですね、知らなかった!驚きました!」と驚かせて、喜ばせたいじゃん。

 

 

オ:俺ね、もうおじさん歴だいたい20年だからね、こういうのに照れがないのよ。40代の頃なら「こんなの好きって言ってみんなどう思うかな……?ロゼって柄じゃないよね……?」って照れてたけど、もう気にしないの。「これいいでしょ?すっごくいいよ!」って大声で言いたいの。

 

オ:ビールと唐揚げが似合いすぎるおじさんですけどね、もう違いますよ、ロゼと唐揚げですよ。俺はこれからロゼのある唐揚げ屋しか行きません。

 

次ページ→【対する女子の感想やいかに…】

いっぽう女子は冷静なコメント

 

女:私も正直、「ロゼに唐揚げ……?」と思っていましたが、最初に餃子に合わせた一口めで「あ、合う」とびっくりしました。

 

女:油っぽさが流れてさっぱりするけれど、白ほどの物足りなさもない。がっつりと餃子がきても、さっぱりして、絶妙にいい。フランスではかなりロゼが飲まれていて、白より多いんだそうですね。

 

女:今回飲んだ4種類のうち「ももいろ」は本当に辛口というのがのど越しで伝わってくる本格的な辛口でした。まず1本試すならこれがいちばんオススメです!私はこれ買いました。

「シャトー・メルシャン アンサンブル ももいろ」は餃子とペアリング。

女:アナ・デ・コドーニュは微発泡で、辛すぎも甘すぎもないニュートラルなおいしさ。おじさんも太鼓判でした。「何にでもすっと合う」味だと思います!

「アナ・デ・コドーニュ・ロゼ」は「とん平焼き」と合わせてあります。

女:ドメーヌ・カズはオーガニックだけあってやさしい感じ。コンチャ・イ・トロはフルーティで、スパイシーな料理にマッチしそう。この中ではいちばん赤に近い味です。

「ドメーヌ・カズ カノン・デュ・マレシャル ロゼ」と、「コンチャイ・イ・トロ カッシェロ デル・ディアブロ ロゼ」は、唐揚げと。

 

一人暮らし女性にロゼが使えすぎる説

女:私は一人暮らしなんですが、これまで地味に悩んでいたのが、友人を呼ぶときのワイン。泡と白を両方冷やしておかないとならないけど、正直2本も開けなくていいし、ほかにもサラダやデザートを冷やしたいから冷蔵庫のスペース確保が大変で。

 

女:でも、ロゼなら、これ1本あれば頭からしっぽまでいけるんですよね! これはすごい感動的な発見。さっそくこの春のお花見から私はロゼでいってます。

 

女:お花見に持っていくと、まずこのピンクで気分がアガります。出した瞬間面白いくらいに全員がぱあっと笑顔になって、「なにこれー」って瓶を手に取りますよ。みんな自分から敢えて飲む機会はそれほどないから珍しがって喜びます。せっかくだから春は絶対ロゼを買ってみてほしい。

 

女:あと、割って飲むレシピも教わりました。グレープフルーツジュースとロゼを1:1で割る。最後は割って出せばデザートカクテルにもなるなんて、なんて高コスパ! ちょっと感動してます。ロゼすごいです。

 

餃子専門店が赤坂にあった

今回の会場は赤坂の『GYOZA IT.』。海外で評価がうなぎのぼりな「日本式餃子」のお店です。パクチー餃子や、葉でくるくる巻く餃子、トリュフ塩でいただく餃子など、攻めた餃子の数々も楽しめるマニア注目のお店。

 

また、3月1日から5月6日まで、キャンペーン参加店で料理と対象ロゼワインを楽しんでいる写真をインスタにアップすると抽選でロゼが当たるキャンペーン実施中!

詳しくはキャンペーンサイトで確認を。

ちなみに、このキャンペーン参加店舗は「確実にロゼを置いているお店のリスト」でもあります!

 

≪OTONA SALONE編集部 井一美穂さんの他の記事をチェック!≫

 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >