2019/09/23 10:00

肉好きアメリカ人が初めて「日本の深夜ステーキ」を体験した結果

(ニュースサイトしらべぇ)
(ニュースサイトしらべぇ)

日本のウマい物を食べ尽くすため、8月に2度目の来日をしていた、テキサス州出身のアメリカ人・ジョナサン。彼は来日中にさまざまな美味しいものを食べたが、彼がもっとも驚いていたのは「日本の深夜ステーキ」だった。


■深夜ステーキ店へ

沖縄ではお酒のシメにステーキを食べる深夜ステーキ文化があるが、じつは東京でも「ビリーザキッド」という夜から深夜にかけて営業するステーキ店で深夜ステーキを楽しむ人が多い。

「ビリーザキッドって悪者のイメージがあるけど、じつはテキサスでは英雄的存在なんだぜ! 彼の名前がついたステーキ屋が人気なんて、テキサス人としては嬉しいな!」と喜ぶジョナサン。


関連記事:アメリカ人が「ビリー・ザ・キッド」でステーキを食べた結果

■日本式の食べ方を伝授

注文したステーキはいたって普通の見た目だが、ここでジョナサンにビリーマニアである記者が、ビリーザキッドのステーキを美味しく食べる方法を伝授することにした。

その方法とは、卓上のおろしにんにくと醤油をたっぷりかけ、超ガーリックステーキにして食べる方法。ビリーマニアなら常識の食べ方である。

■クレイジーな食い方


「クレイジーな食い方だな…これは食べた次の日にガールフレンドに会えないな(笑)彼女いないけど(涙)」とビビりながら食べるジョナサン。気になるお味は…?

「うん、ウマいけど、テキサス人的には塩コショウでガッツリいきたいとこだね。」と、テキサス人的には塩コショウがやはりベストなようだ。


■何かを思いついたジョナサン

そのままステーキを食べていると「やっべ!超いいこと思いついた!」と、ジョナサンはいきなり不気味な笑みを浮かべた。いったい何を思いついたのだろうか?

な、な、なんと、ビリーザキッドの人気メニューのひとつである『メキスープ』に、いきなりステーキを漬けはじめたではないか! そんな食い方して大丈夫か?


■メキスープ漬けステーキは激ウマ

食べると「う、ウマい…酸味と辛味の効いたメキスープが、ガーリックとソイソースでパンチを効かせたステーキにマジで合う。やってみて!」と、超笑顔で語るではないか。

実際に記者もチャレンジしたが、確かにウマかった。スープをそのまま飲むことしか思いつかなかった自分を、ビリーマニアとして恥じるレベルである。

ちなみに、ジョナサンがビリーザキッドに行ったときのようすは、マンガでも紹介している。気になる人はそちらもチェックしてみてほしい。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >