2019/11/12 08:00

地面に落とした食べ物を拾って食べる? もったいない精神が暴走して…

(twinsterphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(twinsterphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

食事中、手が滑ってしまい食べ物を落としてしまうことがある。その落としたものを、食べる人はどれほどいるのだろうか。


■4人に1人が落としたものを食べる

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「食べ物について」の調査を実施。

地面に落とした食べ物を拾って食べたことがあるグラフ

「地面に落とした食べ物を拾って食べたことがある」と答えた人は、全体で25.3%と4人に1人はいることが判明したのだ。


関連記事:落ちた食べ物の「3秒ルール」が否定されるも…信じている世代は

■3秒ルールは嘘

性年代別では、多くの年代で女性よりも男性の割合が高くなっている。

地面に落とした食べ物を拾って食べたことがある性年代別グラフ

よく言われる『3秒ルール』は、根拠がない。

「昔は『落として3秒以内なら、食べても問題ない』3秒ルールが広まっていて。それを信じていたわけでもないけれど、ただもったいないと思って食べていた。


今でも土がついたりほこりまみれになったりしていない限り、落としても食べると思う。あまり細かいことを気にしない性格だし」(40代・男性)

■家の床でも食べない

地面どころか、家の床さえも嫌だとの声もある。

「地面に落としたものなんて、普通に考えて汚い。みんなが土足で歩くようなところはもちろん嫌だけど、私は家の床であっても食べるようなことはしないな。


掃除していたらわかるけれど、家の床だって細かいほこりがいっぱいある。神経質な性格でもない私がこんな考えだから、地面に落としたものを食べる人はかなりワイルドだと思う」(20代・女性)


■生活が豊かなので悩む

落としたものを食べるかどうか悩めるのは、生活が豊かな証拠だとの意見も。

「衛生面で考えるならば、やはり落とした食べ物は口に入れるべきではないと思う。ただものすごく困窮した時代であれば、そんなことは言っていられない。


今現在の僕は落ちた食べ物は食べないけれど、窮地に追い込まれたらきっと手を出すと思う。だから今の僕は、とても恵まれているんだろうな」(30代・男性)


落としたものを食べる人は、やはりもったいない気持ちが働くのだろう。


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日

対象:全国10代~60代の男女1,653名(有効回答数)



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >