2019/10/22 20:00

デカ盛りなのに激ウマ! 北海道『寿司のまつくら』ジャンボ生チラシがスゴい

(ニュースサイトしらべぇ)
(ニュースサイトしらべぇ)

北海道には美味しい海産物がいっぱい! 札幌に行くだけでうにやいくらなど北海道を代表する海の幸は食べられてしまうが、寿司好きならぜひ行ってほしい店がある。

それは、札幌市街から車で約2時間ちょっと北上したところにある増毛町の寿司店『寿司のまつくら』だ。


■増毛町『寿司のまつくら』

一見なんのへんてつもない田舎の寿司店かと思いきや、じつはまつくらには多くの客を呼び寄せるスゴいメニューがある。

それは、デカ盛り好きにはたまらない『ジャンボ生ちらし』(3,600円)。総重量にして1.4キロほどある、チャレンジメニューだ。


関連記事:くら寿司がトロの量1.5倍の『激とろ』開催! コスパ最強すぎるので必ず行くべし

■インパクト満点のジャンボ生ちらし

ジャンボ生ちらしには増毛町特産の甘えびをはじめとした、北海道の海の幸が大量に盛られており、インパクト満点。

2,600円の特上生ちらしと比べてもそのデカさは圧倒的。1日限定20食というのもうなずける、圧巻の盛りである。

■熊本の人気シェフが挑戦

このジャンボ生ちらしに挑戦するのは、熊本の人気ピザ店『イルフォルノドーロ』のオーナーシェフ・原田さん。

彼いわく「余裕ですね(笑)」とかなりナメきったコメントをしていたが、本当に完食できるのだろうか? 最初はモリモリと食べていくものの…


■脂ノリノリのぶりに苦戦

途中から箸がピタっと止まるではないか…どうやら最初は美味しいと思っていた脂たっぷりの『ぶり』が、お腹がふくれてくるにつれ強敵に変わったらしい。

しかし、そこは熊本の人気レストランのオーナー。なんとぶりをわさび醤油に少しのあいだ漬けてづけにすることで脂っぽさを減らすという、料理スキルがある人ならではの作戦に出た。


■シェフの技で見事完食

そうすることでぶりを攻略し、完食まで持っていくという作戦。どうやらかなり効果があったらしく、時間は少しかかったもののスルスルとちらしを食べ進めていくではないか!

計30分程度で、原田さんは見事ジャンボ生ちらしを攻略「デカ盛りなのにどのネタもすべて美味しかったので、なんとか食べられました。とくに甘えびは美味しかったです!」と、絶賛していた。


■さらに上のスーパージャンボ生ちらしも…

ちなみに、ジャンボ生ちらしを完食すると600円の金券がもらえ、さらにデカ盛りの『スーパージャンボ生ちらし』の挑戦権も得られる。

スーパージャンボ生ちらしは総重量2.4キロで酢飯もネタの量も増えるのだが、お値段は据え置きの3,600円。更なる高みを目指すデカ盛りマニアなら挑戦したいところだ。

美味しい北海道の幸をお腹いっぱい食べられる『寿司のまつくら』。デカ盛りファンも寿司好きも、ぜひ行ってみてほしい名店だ!


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >