楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/06 18:20

タベアルキスト・マッキー牧元の弁当勝負 『崎陽軒』の秋

(ニュースサイトしらべぇ)
(ニュースサイトしらべぇ)

『味の手帖』取締役編集顧問で、タベアルキストのマッキー牧元氏。その食へのこだわりは、出張や旅行の楽しみ「駅弁」にも及ぶ。マッキー氏が行う「弁当勝負」とは何か。本当にうまい駅弁はどれなのか。連載第4回のテーマは、崎陽軒の季節限定弁当だ。


■弁当勝負は「サンドイッチ」

久々の弁当勝負である。新幹線で隣に座られたのは、推定50歳の男性であった。まず上島珈琲カフェオレを取り出して、ドリンクホルダーに入れる。

次に取り出したのは、「メルヘン」の紙袋であった。サンドイッチを取り出すと、気持ちがはやっているのか、なかなかビニールが破れない。

落ちついて。半分ほど破れた状態で、無理矢理取り出し、食べ始めた。ハム、レタス、トマトサンドである。「シャキッ」レタスの弾ける音が聞こえる。

普通サンドイッチを食べる時、一口食べると、噛みながらサンドイッチを口元から離す。そして飲み物を飲んだりして、二口目と行く。しかし彼はサンドイッチを口元から1センチ以上離さず、一気に三口で食べ終えてしまった。

時間にして15秒である。ハムレタスサンド15秒である


関連記事:タベアルキスト・マッキー牧元の弁当勝負 「とんかつ弁当」の偉大さとは

■「電光石火」に圧倒

ここで一旦カフェオレに手を出すかと思いきや、次のサンドイッチをつかみ、また口元から離さず、今度は四口で食べ終えた。時間にして、20秒。ふた切れ目は少し時間をかけたね。

ここでカフェオレに手を出すかと思いきや、まったく無視して、もうひとつ紙袋から取り出した。今度はホットドッグである。これまた口元から離さず、45秒で食べ終えた。

よほどお腹が空いていたのだろう。いやじつは、早食い大会の選手で、トレーニングを欠かさないのか? 電光石火の男なのである。

そしてホットドッグを食べ終えると、ようやくカフェオレを手に取り、一気に飲み干した。350ccを一気、6秒である。すべてにおいて、電光石火の男なのである。

■崎陽軒「おべんとう秋」

こちらは、崎陽軒の「おべんとう秋」であるが、あまりの電光石火に見とれ、紐とかなかった。電光石火に対抗して、ゆっくりと食べる。

730円ながら、味の起伏に富んだ、素晴らしい弁当である。しかしあえて苦言を呈すなら、この味付ききのこ炊き込みご飯にシュウマイは合わない。

きのこ炊き込みご飯自体は、美味しいんだよ。一口食べた途端にご飯が恋しくなるシウマイのご飯喚起力に対して、味付きご飯ではしつこすぎる。


■シウマイには白飯?

やはり白飯が食べたいなあ。だからシウマイよく噛んで、口から無くなってから、ご飯を食べた。それと一つだけ、わがまま言ってもいいですか?

たった2個のシウマイでも、辛子をつけてほしいなあ。でもどのおかずも手抜きなく、デザートがわりの大学芋まで充足した気分で過ごすことができる。

そして何より安いのがエライ。ということで、今日は食べる速度では勝てなかったけど、満足度と値段で勝ちとしよう。


【おべんとう秋  崎陽軒】

730円/ご飯 2・おかず 2 ・価格 2・箸 1・特記:郷土色か個性点ノスタルジー/総計7点

(特記と郷土色か個性は0~1評価 他は0~2評価  0→今一つ 1標準 2おいしい  箸0食べづらい 1少し短い 2標準   価格、高価、適価 廉価  計10点満点)

キノコご飯2・シウマイ2・大学芋2・鱒味噌幽庵焼1(少しボソッとしている。 幽庵にしなくともいいのではないか)・蓮根つくね煮2(少し下品でいい)・玉子焼き2・青梗菜と白滝 エノキとブナシメジ和え物1・人参、椎茸、蓮根煮2


(取材・文/マッキー牧元



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >