2019/10/27 10:30

ストロングゼロで炊く『ストロング松茸ご飯』が激ウマ! 高級料亭にいる錯覚に

(ニュースサイトしらべぇ)
(ニュースサイトしらべぇ)

しゃぶしゃぶに寿司、からあげなど、さまざまな日本料理の素材として使えることでも知られるストロング系チューハイ『ストロングゼロ』。

前回はストロングゼロ河内晩柑を使った『ストロング松茸の土瓶蒸し』をご紹介したが、今回はさらに多くの人が楽しめるストロンググルメ、『ストロング松茸ご飯』をご紹介しよう。


■ストロング松茸ご飯の材料

2合分の材料は松茸小4本、ストロングゼロドライ500ミリリットル缶、白だし80ミリリットル、鶏肉こま切れ100グラムに米2合。

通常松茸ご飯の具材は松茸のみだが、ストロング松茸ご飯にはあえて鶏肉を入れる。なぜそうするかはあとでお伝えする。


関連記事:ストロングゼロで作る『ストロング松茸の土瓶蒸し』が究極の香り

■ストロングゼロドライを使う理由

ちなみにストロングゼロドライを使う理由は、料理にほんのりとした柑橘の香りをつけるのに最適なストロングゼロだから。

ドライなので果汁が入っていないと思いきやレモン、ライムとグレープフルーツが入っており、ライムの浸漬酒を使っているためこれでご飯を炊くと爽やかな柑橘の香りを米にまとわせることができるのだ。

■作り方は簡単

作り方は簡単で、まず米にストロングゼロドライ500ミリリットルをすべて注ぎ、白だし80ミリリットルを入れる。

それに鶏肉と細かく裂いた松茸を入れ、普通に炊けばOK。少し水量が多く感じるかもしれないが、アルコール分が飛ぶので問題無い。硬めが良い場合は450ミリリットル程度に抑えよう。


■ブボボモワッと香るストロングゼロ

炊飯が完了したら、フタを開け混ぜれば完成! フタを開けた瞬間ブボボモワッとストロングゼロの香りが拡散するのは、ストロングマニアにはたまらない瞬間だ。

今回は買うときに手の震えが止まらなくなるぐらい高級なアメリカ産松茸を使用したが、もしお金がない場合はエリンギかしめじ、しいたけでもいいかもしれない。


■ストロングな味に感動

気になるお味は…もう何も言えなくなるぐらい最高! ストロングゼロと松茸のストロングな香りを支えるのが、強い旨味の鶏肉。これらが合わされば、ジェットストリームアタック級の旨さである。

お好みの味のストロングゼロを飲みつつストロング松茸ご飯を楽しめば、1膳食べ終わる頃には高級料亭にいるかのような幸福度の高い錯覚に陥ること間違いナシ。


■食欲の秋をストロングに過ごそう

ストロング松茸ご飯はアルコールがほぼ完全に飛んでいるため、お酒が飲めない人でも楽しめるストロンググルメ。

ストロング初心者にもオススメなので、食欲の秋をストロングに過ごせるストロング松茸ご飯、ぜひ多くの人に試してみてほしい。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >