2019/10/30 10:30

「すたみな太郎」が最近美味しくなったらしいので行ってみた結果

(ニュースサイトしらべぇ)
(ニュースサイトしらべぇ)

1978年に1号店オープン。寿司や焼肉をはじめとした、さまざまな料理が食べられることで知られる老舗食べ放題レストラン、「すたみな太郎」。

記者も中高生の頃はよく行っていたのだが、大人になってからは行くことがなくなり、某掲示板に脂身だらけの肉の写真がよく貼られていることからなんとなく「安かろう悪かろう」なイメージがついてしまった。

しかし、最近すたみな太郎に行った知人いわく「前よりもぜんぜん美味しくなってる」とのこと。本当か確かめるべく、近所のすたみな太郎へ行ってみることにした。


■いざすたみな太郎へ

食べ放題の価格は120分コース2400円で、ドリンクバーをつけると2650円。しかし、すたみな太郎の公式ページに120分コース10%オフ、ドリンクバー無料のクーポンがあったため、それを利用すればかなり安くなる。

店に入ってホットコーナーを見るとすでに売り切れのものがいくつかあったが、その後すぐ補充してくれたので食べるものが無いということもなさそうだ。また、かわいいキャラクターがついてよりファミリー向けになった印象を受けた。


関連記事:焼肉屋で聞いた「上カルビより安くて美味しい部位」はこれだ

■焼肉のクオリティはいい感じ

次に気になるのは、すたみな太郎のメインをはる焼肉の肉質である。コーナーを見ても成型肉のソフトカルビを抜いて、どれも普通の焼肉屋にありそうなレベル。

ひと通り食べたのだが、カルビ類は焼肉チェーンで普通にあるレベル。モツ系は食べる部位によってはそれ以上のクオリティを感じた。

■特別メニューは絶品

また、ディナータイムには特別メニューもあり、北海道で大人気の牛サガリや脂ののった中落ちカルビ、焼きしゃぶなども用意されていた。

サガリと中落ちカルビは非常に美味しく、食べる種類にこだわらないなら延々とコレを食べ続けたいレベル。


■寿司もなかなか

焼肉は非常に美味しかったので、次に気になるのは寿司。種類は10数種類とそこそこあるが、味はどうだろうか?

結果としては、どの種類も100円回転寿司とほぼ同レベルで、サーモンは肉厚で美味しかった。100円寿司のクオリティがそもそも高いので、それと同じぐらいなら文句なしだろう。


■子供も大人も楽しめるビュッフェ

また、デザートも自分で作れるクレープやパフェ、わたがしなど、子供が喜びそうなものがいっぱい。記者の子供も自分でアイスクレープを作っていたり楽しんでいた。

大人もカレーと焼肉を合わせてステーキカレーを作ったり、最後まで食べ飽きずに美味しくいただけるところもすたみな太郎の良い部分。


■塩もつ鍋もオススメ

最後にぷりぷりのもつがたっぷりの塩もつ鍋で締めれば大満足! 確かに知人の言うとおり、すたみな太郎のクオリティは上がっていたように感じた。

総菜類もすべて一定のクオリティを保っており、ナポリタンは太麺で懐かしい味がするためイチオシだ。


■状況により時間を決めよう

ちなみにすたみな太郎には90分と120分のコースがあるのだが、家族連れはぜひ120分のコースをオススメしたい。

子供に食べさせたり料理を取りに行くと、90分だとギリギリになるが、120分ならわりとゆっくりできる。

友人とサクッとお腹いっぱい食べたいなら90分、小さい子供連れなら120分と、状況に合わせてすたみな太郎を楽しんでほしい。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >