2019/11/15 10:30

『孤独のグルメ韓国編』に出た焼肉店「終点炭火カルビ」の現在は? 実際に行ってみた

(ニュースサイトしらべぇ)
(ニュースサイトしらべぇ)

10月にシーズン8も開始した、テレビ東京のドラマ『孤独のグルメ』。主人公の井之頭五郎がさまざまな場所で孤独かつ自由に食べる姿が人気だが、日本以外でもファンが多いらしい。

たとえば五郎がシーズン7で訪れた韓国では、ひとり飯が日本ほど定番でないこともあり、珍しさからかドラマに登場した焼肉店「終点炭火カルビ」が大きな話題になった。


■日本式の店は客離れをしていると聞くが…

しかし、悲しいことにいまはさまざまな要因で日韓の関係が非常に悪く、「日本のビールの売り上げが韓国で99%近く減少した」という報道もある。

また、日本式の居酒屋も客離れをしているといったウワサも聞くが、終点炭火カルビは現在どうなっているのだろうか? 以前は店の看板にデカデカと孤独のグルメのタイトルが写っていたらしいのだが…。


関連記事:最強メニュー焼肉を本場で! 『孤独のグルメ』井之頭五郎が今夜韓国出張へ

■実際に韓国へ

どうしても気になったので、韓国へ行くことに。まずは金浦空港からデジタルメディアシティ駅で降り…

6番線に乗り換えて梨泰院駅へ。

そこからはだいたいタクシーかウーバーを使って1,000円ぐらいで行くことができる。徒歩も可能だが冬のソウルは札幌以上に寒いし坂が多いので、ちょっとキツいかもしれない。

■店の前へ行くと…

店の近くでおろしてもらい、ちょっと歩くと店を発見!

こ、これは…!!


■変わらぬ五郎の顔に感動

許可を取ってるのか謎だが、しっかり孤独のグルメシーズン7のタイトルが貼ってあるではないか! こんなときでも変わらず日本を好きでいてくれて、感無量である。

店内にもたくさん五郎や原作者の久住昌之さんとの記念撮影が飾ってあり、日本人女性と思われる旅行者が食事をしていた。


■おかずがいっぱい

記者もさっそく五郎が頼んだテジカルビ(28,000ウォン=約2,600円)を注文すると、キムチをはじめとした数種類のおかずがきた。


美味しいおかずをつまみながら待っていると、超大判のテジカルビがキター!

これは店主自らが焼いてくれるらしい。

■いい香りでウマそう

炭火で両面をこんがりと焼いたら…

ハサミで切り分けていただく。焼きあがったら別の網をのせてくれるので、焦げる心配もない。


■当然激ウマ

気になるお味は、当然の如く激ウマ! タレはさっぱりとしたお酢の効いたものと、味噌の2種類を用意してくれるがどちらも最強に肉に合う。

えごまの葉やサンチュによく発酵したキムチと味噌ダレをつけた肉ににんにくを巻いて食べても最高にウマい。大判2枚なので食べきれないかと思ったが、ペロッといけてしまった。


■これからも頑張ってほしい

最後にサービスのテンジャンチゲ(これも美味)をいただきポカポカになってからお会計。ライスをいれて29,000ウォンという良心的価格にも感動した。

記者が帰る頃には韓国人の客もちらほらと来店していたが、ぜひ日本から訪れて応援したくなる優良店であった。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >