2019/11/22 10:30

アメリカ人が『家系ラーメン』を初体験 どう見ても初めてじゃない食べ方をする

(ニュースサイトしらべぇ)
(ニュースサイトしらべぇ)

横浜市発祥の、中太麺と濃厚な豚骨醤油スープが人気のご当地ラーメン、『家系ラーメン』。家系ラーメンは東京でも食べられる店が数多くあるが、本当に美味しい店は選んで行かないとたどり着けない。

先日まで日本に滞在していたアメリカ人のコーディさんは大のラーメン好きで、地元のカリフォルニアでは何回もラーメンを食べたことのあるラーメン通。そんな彼に、記者イチオシの家系ラーメンを紹介することにした。


■記者イチオシの家系ラーメン店へ

記者が好きな都内の家系ラーメン店で、オーソドックスなタイプのラーメンを出すのは江古田の『五十三家』か、東武練馬の『丸武家』なのだが、五十三家は人気で混雑しがちなため、今回は丸武家をチョイス。

コーディさんにラーメンの好みを聞いたところ、まずはお店の味を知るべくすべて普通がいいとのことで、すべて普通をチョイス。ある意味ツウな選択である。


関連記事:マニアが語る「家系ラーメン店で絶対守って欲しい10のこと」

■コーディさんの注文は

コーディさんが選んだのは、海苔やチャーシュー、ほうれん草がたっぷり入った得盛ラーメン(1,090円)に、チャーシュー3枚(230円)をトッピングし、無料のライスも追加。

あまりに美しいビジュアルに感激するコーディさん。でも、こんないっぱい食べられるのだろうか?

■海苔は嫌いだがスープは絶賛

まずは別皿で来たチャーシューを、丼の中へイン。「こうすることで柔らかくなってウマいんだよ」と語るコーディさん。アメリカ人らしからぬラーメン通の発言である。

スープを飲んでも「うん、これは俺の好きな味だ。アメリカ人も多くの人が好む味だと思う。イケてるな」とつかみはOK。しかし、海苔は嫌いなようで連れてきた弟に全部あげていた。


■アメリカ人も好きな味

お次は麺をすするコーディさん。アメリカ人はどちらかというと細麺が好きらしいが、このラーメンの麺は食感が良く、とても美味しいとのこと。

「家系ラーメンは豆板醤やショウガとかニンニクとかコショウを入れてスパイシーにもできるよ!」とコーディさんに教えるも…

「いや、このラーメンはそのままが最高にウマいから俺はこのまま食うぜ!」と、あまりにツウすぎる返しが来て衝撃。日本人よりラーメン好きなんじゃないかこの人。


■家系雑炊を作り始める


あっという間に麺を食べ終えると、お次はなんと丼の中にライスをすべて入れてニンニクをちょっと足し、家系雑炊を作り始めたではないか! 家系ラーメン初体験が嘘のように思える、華麗な流れである。

最後はなにも言わず黙々とヒゲに米粒をつけながら家系雑炊を完食したコーディさん。どうやら大満足してくれたらしい。


■家系ラーメンの美味しさが広まることを願う

「家系ラーメン最高やな!」と、最後に店の前で記念撮影。コーディさんの住むカリフォルニアにも、家系ラーメン店がじつは最近できたのだが、それについては知らなかったようだ。

アメリカの多くのラーメン店はまだしょうゆならしょうゆのみといった単体のフレーバーらしく、豚骨醤油の家系ラーメンの美味しさが今後世界的に広がっていくことを予感できる食事であった。


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >