2017/05/30 16:00

【マレーシア】 KLから日帰りで!知る人ぞ知る「セキンチャン」の見どころ

tabizine.jp
tabizine.jp
首都クアラルンプールから約100km、車で約1時間半ほどの場所にあるセキンチャン(Sekinchan)。マラッカ海峡に面した当地はマレーシア有数の米どころであり、シーフード料理も有名なビーチタウンです。

今回はマレーシアリピーターにおすすめのセキンチャンを訪れてみましょう。

稲穂がそよぐ、穏やかな田園風景
中国語で「農業に適した土地」という意味のセキンチャン。その名のごとく、農業と漁業が盛んな漁村です。

(C)sweetsholic

筆者がクアラルンプール在住の友人たちと訪れたのは6月。収穫は終わっていたものの、どこまでも広がる田んぼの美しさに、感激! のどかな田園風景に癒されます。ところで、お米はマレーシア人の主食というのをご存知でしょうか? 

ベストシーズンはこんな感じ

収穫前の稲が一面に広がる観光のベストシーズンは、3〜5月頃と9〜11月頃だそうです。

穏やかな田園地帯のなかで、とても印象的な「Nan Tian Temple (南天宫)」。地元の人たちの五穀豊穣や大漁追福の願いが込められています。カラフルでとっても華やかな外観に、なんとなくご利益がありそうな予感! 南天宫のほか、当地には数多くのお寺が点在します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >