2017/09/19 18:00

秋バテ対策に、漬物を使ったグルメがおすすめ?疲れを癒す発酵メニュー

tabizine.jp
tabizine.jp
“秋バテ”対策に、漬物を使った発酵メニューが登場! 急激な気温差から、疲れや食欲不振を感じる方におすすめだそうですよ。

中目黒駅徒歩3分に位置する、目黒川沿いの古民家をリノベーションしたナチュラルレストラン「N_1221(エヌ1221)」。秋バテ対策をテーマに「漬物」を食材に活用するなど発酵メニュー3品が2017年9月15日(金)~10月15日(日)の間、期間限定で登場します。

どうして漬物が秋バテにおすすめなの?
「N_1221」では、植物性乳酸菌由来の発酵食品が弱った胃腸を整えることに注目。中でも、日本人が昔から食べているお漬物がその代表格(※)であることから、今回の発酵メニュー開発にいたったそう。

※「漬物を食べないと腸が病気になります」(著者 松生恒夫)より

秋バテ対策発酵メニュー3品

「白菜漬と甘酒鶏団子の和風ポトフ」

白菜漬と昆布でとった出汁に塩麹を加えて作ったシンプルなスープがベース。出汁の代わりに甘酒でのばし、一晩発酵させたタネで作った鶏団子は、山芋が入っているのでフワフワしっとり。シイタケ、サツマイモ、カボチャなど季節の野菜とともに、白菜漬のほのかな酸味、塩麹のやさしい甘さが合わさって、全く新しい和風ポトフが誕生しました。くせになる美味しさです。
・秋バテ対策発酵食材: 白菜漬物、米麹甘酒、塩麹
・料金: 850円(税込) ※ディナーメニュー

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >