2017/11/18 15:00

【レシピ】おもてなしや手土産にぴったり!チーズが主役のケーク・サレ3選

tabizine.jp
tabizine.jp
チーズを使った料理の中でも、季節の食材とチーズを組み合わせながら、いろいろなアレンジやバリエーションが楽しめる「ケーク・サレ」。ケーク・サレは、庶民的なフランス惣菜。日本人にとっての炊き込みご飯や味噌汁の感覚に近いものです。

手軽だけれど、おもてなしにもぴったりで、ワインもすすむ、タイプの違ったチーズを使ったケーク・サレのレシピ3種をご紹介。お友達とのパーティーやおもてなしに、作ってみたいレシピです!

そもそも「ケーク・サレ」って?
「ケーク・サレ(cake salé)」は、直訳すると“塩味ケーキ”となりますが、つまりは “甘い菓子ではなく、パウンドケーキ型で焼き上げた惣菜”のこと。また、いわゆるケーキ菓子は、フランス語では「ガトー(gâteau)」と呼ばれるものが多く、主にパウンド型で焼いたものは「ケーク(cake)」と呼ばれます。

似たものに「キッシュ(quiche)」がありますが、これはパイ生地に、卵や生クリームなどを使ったフィリングを入れて焼いたもの。パイ生地から作ることを考えると、断然「ケーク・サレ」の方が手軽に作ることができます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >