2018/01/21 20:00

【機内食ルポ】チャイナエアライン東京成田〜台湾桃園エコノミークラス〜Ballantyneのバターとパンがうまい!〜

tabizine.jp
tabizine.jp
身動きが取れない飛行機の中では、機内食の時間が大きな喜びの1つになりますよね。ファーストクラスやビジネスクラスではもちろん、世界の三ツ星シェフがプロデュースするような料理を食べられますが、エコノミークラスの機内食であっても、どこの航空会社も力を入れて改良を重ねてくれています。

今回は台湾のフラッグキャリア、チャイナエアラインの機内食を紹介したいと思います。過去記事「直行便よりむしろラクかも。台湾経由のオランダ旅行がおいしくて2度楽しい!」の取材で成田〜台湾〜アムステルダムを移動した際に、成田〜台湾の往復ではエコノミークラスに搭乗しました。そのときの機内食の印象と当時の取材ノートを見返しながら、同社の機内食について考えます。

 

世間の評価は星3つ

一般的に見て、チャイナエアラインの機内食はどういった評価なのでしょうか? SKYTRAXという英国の航空サービスリサーチ会社が、自社のウェブサイトに一般ユーザーの評価を掲載しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >