2018/04/10 07:30

フランス人はランチでも躊躇せずワインを飲む〜日本とパリ、ランチ事情の違い〜

tabizine.jp
tabizine.jp
フランス人はランチにワインを躊躇しない フランスオフィスワーカーの昼食事情

オフィスワーカーにとって、昼食は仕事から解放されるひととき。「今日のランチは何を食べようかな」と毎日楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。それは、どこの国でも同じこと。筆者の住むフランスは、美食大国として有名。フランスのオフィスワーカーのランチとはどのようなものでしょうか。昼食事情についてご紹介します。

社員食堂で食べる
フランス人はランチにワインを躊躇しない フランスオフィスワーカーの昼食事情

大企業であれば、日本のように社員食堂があります。企業の食堂は、お値段も低価格。前菜、メインディッシュ、デザートがついて、7ユーロ(2018年現在約900円)ぐらいで食べることができるのだそう。大多数の従業員が社員食堂で食べるようです。

フランス人はランチにワインを躊躇しない フランスオフィスワーカーの昼食事情
(C)S.Richard

フランス人はランチにワインを躊躇しない フランスオフィスワーカーの昼食事情
(C)S.Richard

それでは実際に、フランスの社員食堂を見てみたいと思います。こちらパリの郊外にあるとあるフランスの企業の社員食堂です。前菜、メイン、デザートを自由に選べるようになっています。基本的に毎日フランス料理が出されるとのことです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >