2018/05/14 16:00

【SNSで話題】まるで水中のブーケ!食べられる「3D ゼリーケーキ」

まるで水中のブーケ!食べられる「3D ゼリーケーキ」
(c)Facebook/Jelly Alchemy

それにしても、この繊細なケーキを作り始めて2年以内とは信じられないですね。

まるで水中のブーケ!食べられる「3D ゼリーケーキ」
(c)Facebook/Jelly Alchemy

Boonさんによると、土台となる透明なゼリー部分はゼラチンや海藻由来の成分で固められているそうです。日本でも寒天として親しまれていますが、東南アジアではゼラチンよりもこちらのほうが主流なんだとか。

そしてベースにはライチのようなフレーバーがつけられていて、花や金魚などのオブジェ部分はミルクやココナッツミルクに着色したものを注射器などの器具を使い注入して固めているのだそう。金魚の周りにある泡は、まるで本当に金魚の作った気泡のほうにも見えます。

実はこの「3Dゼリーケーキ」は、作るときは上下さかさまの状態で作業をしています。そういったこともあり、完成までに最大4時間も要してしまうこともあるそうです。

そんなに制作が大変なゼリーケーキですが、Boonさんの創造のモチベーションは意外なところにありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >