2018/10/21 15:00

ケルト文化が香るスペイン異色の地、ガリシア

それでも、文化的にケルトのルーツを思わせるものがいくつもあります。病気を治すために狭い岩の間をよじ登る風習、数字の9を大切にすること。中でも特徴的なのはこちらでしょう。

バグパイプ「ガイタ」
ケルト文化が香るスペイン異色の地、ガリシア

ケルトと言えば、バグパイプ。ガリシアでは、「ガイタ」と呼ばれるバグパイプが民族音楽の中心にあります。オーレンスという市だけでも5000人以上の演奏者が登録されているという規模です。ガリシアの民謡には、アイリッシュ・ジグにそっくりなものもあるそうです。

古代ケルト人の住居跡「カストロ」
ケルト文化が香るスペイン異色の地、ガリシア

紀元前600年頃から、古代ケルト人は丘の上に暮らしはじめました。石を積み上げた住居の跡はカストロと呼ばれます。この画像は、サンタ・テクラという山の中腹にあるもの。160ほどの住居跡が残っています。砦としての機能があり、等身大の石像を置いていたこと、これがケルト文化とリンクしていると言われています。またここからは、渦巻きなどケルト特有の装飾模様がついたブローチ、水差しなどが出土しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >