2018/11/12 11:00

海外ではどう食べる? あっと驚くカリフラワー料理3選

カリフラワーサラダ
カリフラワーサラダ

生で食べれば、シャキシャキした食感が楽しめるカリフラワー。生のものを美味しく味わうには、サラダやピクルスで! 

カリフラワーサラダ/カリフラワー・ダブリ
ラディッシュとパセリを加えたシンプルなカリフラワーサラダ
(C)sweetsholic

フードプロセッサーで細かくしたカリフラワーに、カットした生野菜やハーブを混ぜ合わせ、レモンとオリーブオイル、塩コショウなどで味付けしたカリフラワーサラダ(英語圏では「カリフラワー・ダブリ」と呼びます)は、箸休めにぴったり。2〜3日おいしくいただけるので、お弁当の1品にもなります。

仏スーパーのフリーマガジン『City』
(C)sweetsholic

仏スーパーのフリーマガジン『City』2018年10月号にも、カリフラワーサラダのレシピが載っていました。こちらのレシピでは、カリフラワーサラダにキュウリやトマト、ナッツやドライフルーツ、ミントなどをプラス。

カリフラワーと白米

カリフラワーの使い道に困ったときには、海外のユニークな食べ方も参考にしてみてくださいね。

[Photos by Shutterstock.com] 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >