2018/11/08 16:00

猫のかき氷にひと目惚れ、日本統治時代の市役所を改装した「CAFE1911」【台湾・台中】

tabizine.jp
tabizine.jp
台湾「CAFE1911」猫かき氷1

近年、古い建造物を利用リノベーションスポットで注目を集める台湾中部の都市、台中。

美しすぎるスイーツショップ「宮原眼科」はその代表格として有名ですが、ほかにも歴史的建造物を改装してオープンした注目スポットがあります。

そのひとつが、日本統治時代に建てられた「台中市役所」。

かつて台中の行政の中心だった白亜のヨーロッパ風建築は、現在、猫のかき氷が名物のノスタルジックなカフェとして親しまれています。

日本統治時代の歴史建造物「台中市役所」
「台中市役所」外観

台中駅から徒歩7分、別世界を思わせる白亜のヨーロッパ風建築が目に飛び込んできます。

これが、台湾が日本の統治下にあった1911年に、台中庁公共埤圳連合会事務所として建設された建物。1920年に現在の台中市と近郊の彰化県、南投県を合わせた台中州が成立すると、台中市役所として使われるようになり、日本人が歴代の市長を務めました。

1945年に日本による統治が終わりを迎えると、市の行政府はすぐ隣の台中州庁に移り、この建物は陸軍の司令部や、委員会事務所、のちには市政資料館などとして使われるようになりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >