2018/11/11 12:30

今が食べごろ!欧州各国の「秋の味覚」はどんなものがあるの?

tabizine.jp
tabizine.jp


「日本の秋の味覚」というと、何を思い浮かべますか? 海の幸ならサンマ、フルーツなら梨やブドウ、その他にもサツマイモなどが美味しい季節ですよね。ではヨーロッパでは、どんな食べ物が「秋の味覚」なのでしょうか。代表的なものをご紹介します。

【イタリア】トスカーナのオリーブオイルと栗スイーツ
オリーブの木

イタリアのトスカーナ地方の名産は、なんといってもオリーブ。そのオリーブから絞られるオリーブオイルも非常に上質だということで知られています。そのオリーブの収穫時期は、主に11月! 熟成が必要なワインと異なり、フレッシュさが命のオリーブオイルは、絞られてから1週間程度寝かせれば美味しくいただけます。

つまり、オリーブオイルが一番美味しいのは秋だと言っても過言ではありません。トスカーナ料理をはじめ、イタリア料理全般にオリーブオイルは多用されているので、イタリア料理全体が美味しくなっているのではないでしょうか。

Castagnaccio

更にトスカーナの秋は、栗の収穫シーズンでもあります。栗を粉末状にした栗パウダーを使って焼かれる「Castagnaccio」は、最も一般的なトスカーナのデザートの1つ。栗パウダー以外の材料は主に、オリーブオイル、ローズマリー、マツの実やクルミが使われています。保存のきく栗パウダーで作られているため、年間を通して食べられます。けれど同じく秋が旬のオリーブオイルも使われているので、やはり秋に楽しみたいですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >