2018/11/21 07:30

海外では悪魔の食べ物!?実は日本が消費量世界一を誇るタコの話

tabizine.jp
tabizine.jp
216525-01

たこ焼き、刺身、タコの唐揚げなど食卓にも広く浸透しており、スーパーでも気軽に買えるタコ。実は日本は世界一のタコ消費国だということを知っていましたか?今回は世界的にも珍しい、日本とタコの食文化についてご紹介します。

外国におけるタコと食文化
216525-02

タコは高たんぱくで低カロリー、またアミノ酸の一種であるタウリンが含まれており、骨や皮を処分することなく丸ごと食べられる便利な食材として、日本では古くからタコを食べる文化が根付いていますが、一部の外国では宗教上の理由から鱗のない魚介類は汚らわしいものとされ、「デビルフィッシュ」と呼ばれ忌み嫌われてきました。

それゆえ、タコを食用と考える文化を持つ国は多くありません。アジア圏でも日本以外では韓国やタイで食べられている程度で、収穫量が世界一の中国でも消費量は多くないのです。

ヨーロッパではイタリアやスペイン、ギリシャや南フランスなどの一部で食べられる以外は、食材として目にすることはほとんどありません。近年では健康志向の影響から中国やアメリカでも消費が増えつつあるそうですが、まだまだマイナーな食材です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >