2018/11/23 11:00

【日本発祥の意外なもの】実は日本で生まれた中華料理3選

中華丼
中華丼

豚肉や白菜、キクラゲなどを炒めて片栗粉でとろみをつけたものをご飯の上にかけた「中華丼」。国内の中華料理店ではもちろん、冷凍食品やレトルトにもなっているぐらい定番中の定番と言える中華丼も、なんと日本生まれ!

様々な角度から中日両方の情報を紹介する「チャイナネット」によると、もともとは国内の中華料理店のまかない料理だったものが、メニュー化されたとのこと。ちなみに冒頭で筆者が友人に提案したのは、この料理でした。

天津飯・天津丼(かに玉丼)
天津飯 かに玉丼

カニや干し椎茸などを入れた中華風オムレツをご飯の上に乗せて、餡をかけた「天津飯・天津丼」。中華オムレツ「芙蓉蛋(ふようたん)」は中国でも食べられていますが、ご飯の上に乗せて餡かけにしたのは日本ならではのアイディア・・・ということで、こちらも日本生まれの中華です。

オマケ:本場の中華と、日本の中華は全然ちがう!?
普段おいしく食べている中華が、実は日本生まれと知ったときの衝撃・・・! 最後は、東京で暮らす中国の知人たちの話で締めくくることにしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >