2018/12/14 11:00

創業は1906年! フィンランド最古の公衆サウナ、ラヤポルティ・サウナ 【フィンランド式幸せになるヒントを探して】

よりカラダの芯から温まる2階席

(c)Tae Asahina

下の階が洗い場となっていて、ベンチのある上の階にて温まります。サウナストーブから絶えず潤ったロウリュ(水蒸気)が噴き出ているので、サウナ内はやさしい水分に包まれ、じんわりした柔らかな温かさが楽しめますよ。

おしゃべりしながらクールダウン


サウナで心地よい汗をかいたら中庭やカフェでクールダウン。お客さんは地元の人が多く、タオル1枚の姿で外気浴しながらおしゃべりを交わす様子も多く見られました。フィンランドの公衆サウナはかつての日本の銭湯のような、地域の人が集まるコミュニケーションの場でもあるのだそう。

カフェには地元産のクラフトビールが充実

カフェには地元産のクラフトビールが充実。ほろ酔い気分でサウナを楽しむのもフィンランド式なのだとか。湖畔リゾートのサウナもいいけれど、地元の暮らしを体感できる公衆サウナも貴重なスポットですよ。

ラヤポルティ・サウナはタンペレ駅からPispala方面行きのバスに乗って約15分。次の旅ではフィンランド最古の公衆サウナで、ノスタルジックな香りに包まれながらカラダと心を解きほぐしてみてはいかがでしょうか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >