2018/11/24 11:00

ロコモコ、スパムむすびは実は日本人が作ったって本当?【日本発祥の意外なもの】

ハワイには、たくさんのロコモコを扱うレストランがありますが、そのおいしさの決め手となるグレイビーソースはお店それぞれ。醤油を使っているところ、昆布と海老と生姜を使っているところなど、各店の個性が光ります。ぜひとも食べ比べたいですね。

ほかにもある!日系人が作ったローカルフード


缶詰のソーセージであるスパムを焼いて玉子の軍艦巻のように海苔で巻いた「スパムむすび」も日本人移住者によるものと言われています。



また、ハワイには、「Bento」「Shoyu」「Musubi(おむすび)」など、日本語がそのまま現地語化したものが多くあるそうです。ソイソースと言わなくてもしょうゆで通じることや、アメリカやフランスでブームとなったBento文化は、ハワイからじわじわと始まっていたのですね。

さて、ハワイの食べ物には、「ハワイアンフード」と「ローカルフード」があります。パッと見、同じ意味で使われているのかと思いきや。実は違うんですって。

ハワイアンフードは先住民から伝わる伝統料理、そしてローカルフードは移民から生まれた食べ物なんだそう。次にハワイに行ったときは、ぜひ使い分けてみてくださいね。

参考
[海外移住資料館]
[ハワイ州観光局総合ポータルサイト allhawaii (オールハワイ)]
[Myハワイ]
[All Photos by shutterstock.com]

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力があるので、ターゲットを一つに絞って取り組もう。遊び...もっと見る >