2018/12/03 12:30

マカオにネイチャーオアシス発見!「コロアン地区」で、自然浴のすすめ

tabizine.jp
tabizine.jp
マカオ

大人の夢の国ことマカオ、真っ先に思い浮かぶのはカジノではないでしょうか? そんな刺激的なこの街に、緑豊かな自然のオアシスを発見!マカオ最南端「コロアン地区」で、心ゆるり癒やし時間のはじまりはじまり。

楽しみ方色々!エリアごとに違う、マカオの街の色
マカオ コタイ

マカオは大きく分けると4つのエリアから成り立ちます。世界遺産が集まるOLDマカオこと「マカオ半島」、巨大IRが並ぶNEWマカオ「コタイ地区」、かつてポルトガル人の別荘地が多く存在した「タイパ地区」、そして今回ご紹介するネイチャーオアシス「コロアン地区」。

マカオ コロアン地区

「コロアン地区」はマカオの最南端に位置し、海や山林など自然溢れるリゾート地。マカオ半島の最北部からでも車で30分ほど。自然が恋しくなったら、サクッと癒やされに行けるのが嬉しい!それでは早速、見どころをチェックして参りましょう。

とめどない愛くるしさ!「澳門大熊猫館(マカオパンダ館)」
澳門大熊猫館(マカオパンダ館)

1985年、マカオで初の自然保護公園として設立。父親の「開開」、母親の「心心」、そして双子の兄「健健」と弟の「康康」が仲良く暮らしています。日本では数時間行列に並んでも見れるのは一瞬・・・なんてことも。しかしこちらではそんな心配ご無用!並ぶことはまずありません。加えて入場料はなんと10パタカ(約140円)、こんなに安くて大丈夫なんでしょうか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >