2019/01/01 10:00

角餅と丸餅の境界線はどこ?◯◯の戦いがお餅の分け目!?

tabizine.jp
tabizine.jp
224321-01

お正月に欠かせないお餅。弥生時代の後期から食べられている、日本の伝統食です。さて、みなさんのご家庭では、お雑煮には切り餅? それとも丸餅でしょうか。元旦の本日は、お餅の境界線を探ってみたいと思います。

角餅 vs. 丸餅
224321-02

かつては、関東でも関西でも丸餅が食べられていましたが、江戸時代を境に変化が訪れます。

224321-03

東日本では、江戸時代の人口増加に伴い、一度にたくさん作れるのし餅を切った角餅が広まったこと。また武家の支配が長かった東日本では、戦を前に「敵をのす」の縁起担ぎから、のし餅を四角く切って焼いたお雑煮を食べたことも影響しているそうです。

224321-04

宮廷文化の伝統が色濃く残る西日本では、伝統的に丸餅が主流。「角が立たず円満に過ごせるように」との意味が込められているそうですよ。

お餅の境界線は関ヶ原の戦い
ざっくり分けると、東日本は角餅、西日本は丸餅ということが分かりました。では、県ごとに見ていくとどうでしょう?

お雑煮文化圏マップ/農林水産省ホームページより

農林水産省のホームページには、角餅と丸餅の境界線を示した「お雑煮文化圏マップ」が掲載されています。これによると、関ヶ原の戦いが行われた岐阜県付近を境に角餅文化と丸餅文化に分かれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >