2019/01/04 11:00

中世の街並みが残る、マルタの古都「イムディーナ」がすごかった

tabizine.jp
tabizine.jp
聖パウロ大聖堂

「地中海のへそ」と呼ばれている島国、マルタ。長い歴史を持つこの国には、世界文化遺産の首都「ヴァレッタ」があります。しかし、マルタの魅力的な町はヴァレッタだけではありません。マルタには中世の面影が色濃く残る古都「イムディーナ」があります。城壁に囲まれたイムディーナは、狭い路地が多い、静寂の町。そんなイムディーナを探索してきました。

バロック様式のメインゲート
イムディーナのメインゲート

ヴァレッタからバスで約1時間、イムディーナに到着すると、バロック様式のメインゲートが迎えてくれます。かつてイムディーナに入る橋は跳ね橋が使われていたそうです。門の両側にはヴェレーナ家の紋章であるライオンが鎮座しています。

イムディーナの街並み
中世の面影が残るイムディーナ

イムディーナを訪れたのは、日が落ちる間近だったこともあり、城壁の中はすでに静寂に包まれていました。観光を終え、帰る人の方が多かったです。しかし、イムディーナ観光は夜の方がよりロマンチック。「国立自然史博物館(17時まで)」や「大聖堂博物館(16時半まで)」には入れませんが、イムディーナでしか味わえない、ややダークで魅惑的な中世の空気感と静寂を思う存分、味わえます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >