2019/01/23 07:30

ありえない!日本人がアメリカの揚げ物文化で驚いたこと〜そんなモノまで揚げちゃうの!?〜

tabizine.jp
tabizine.jp
231504-01

唐揚げ、トンカツ、天ぷらなど、日本でも揚げ物料理は日常の食卓で広く浸透しています。唐揚げに至っては年間220億個以上が消費されており、国民食と言っても過言ではないほど、日本人にとって馴染みのある惣菜です。

日本で揚げ物といえば肉や魚、野菜、おやつ類ではドーナツやパンなどが一般的ですが、日本では信じられないモノを揚げてしまう文化がアメリカにはありました。今回は揚げ物好きな日本人が驚いた、アメリカの揚げ物文化についてご紹介します。

日本とは違う食べ方を追求するアメリカのフライドフード
231504-02

まずご紹介するのは「フライドピクルス」。ハンバーガーやサンドイッチの付け合わせとしてもお馴染みのあのピクルスは、そのまま食べるのはもちろんのこと、揚げ物としても人気です。ピクルス独特の酸味がカリッとした衣に包まれた、お酒のおつまみやスナックとしても人気の一品です。

231504-03

次にご紹介するのは「フライドオクラ」。日本ではオクラを塩茹でして独特の粘りを楽しみながらさっぱり食べることが多いオクラですが、アメリカではオクラを一口大に切って、ランチソース(バターミルクやサワークリームなどを混ぜて作られるアメリカの定番ソース)と呼ばれるソースにディップして食べられます。アメリカでも南部で食べられることが多く、フライドオクラには粘りがほとんどありません。そのためフライドオクラは好きだけど、ネバネバしたオクラは食べられないというアメリカ人も少なくありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >