2019/02/07 16:00

【連載】タイの地獄めぐり⑫ 生きて帰るまでが地獄めぐり

そして二つめに、食べ物のおいしさ。やはり田舎に行けば行くほど、日本のタイ料理屋では見たこともないような食べ物が売られています。先のもち米と肉のセットもそうですが、特にタイの東北地方では「カオニャオ」と呼ばれるもち米が主食なので、これを手で握りつぶしながら食べることが旅の楽しみのひとつでもあります。日本の人には少し抵抗があるかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

また地獄寺をめぐっていると、現地の人にどこから来たの?と話しかけられることも多くあります。会話の中で「ごはん食べた?」なんて尋ねられることも多いので、そういう時は食べていないと正直に言ってみると、寺院のごはんを食べさせてもらえることもあります。多くは簡素な「田舎めし」ですが、これが本当においしいのです。

237331-04
―ウドンターニー県にあるワット・パーゲーオウィアンチャイにて、寺院にいたおばちゃんにごはんを食べさせてもらう。もち米とマメ科の植物・タマリンドを握りつぶして食べる田舎めし。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >