2019/05/28 15:00

禁じられた味?!トルコの伝統的な発酵飲料ボザとイスタンブールのボザの老舗「ヴェファ・ボザジュス」

tabizine.jp
tabizine.jp
ボザ

ボザってどんな飲み物?
トルコの街を歩いているとよくみかける、薄黄色の飲み物、ボザは、実はトルコだけで飲まれているものではありません。10世紀頃に中央アジアで製造されたことをきっかけに、コーカサスやバルカン半島あたりにまで広まり、今ではアルバニアやブルガリア、ボスニア、ヘルツェゴビナ、ロシア、ウクライナなど、トルコ周辺の国で飲まれている発酵飲料です。

トルコの街中のボザ

主な原料は、ビールやウイスキーにも使われる麦芽なのですが、国や地域によっては、トウモロコシや小麦、雑穀などを入れて作ることもあり、ボザと一口に言っても地域によって味や見た目に差があります。

トルコにおけるボザの歴史
いまではトルコで当たり前のように飲まれているボザですが、ボザが最初にトルコで飲まれだしたのはオスマン帝国時代のことでした。帝国内の各地でボザは醸造され、国民は自由に飲むことができました。

ボザ

しかしアヘンが混ざったボザが流行したことを受け、当時のスルタン(皇帝)セリム2世はボザを禁止。年月が経ち解禁されたかと思うと、17世紀にはメフメト4世がアルコール飲料を禁止します。ボザのアルコール度数はたった1パーセントほどなのにも関わらず、アルコール飲料とみなされ、ボザを販売している店は閉店を余儀なくされたのでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >