2019/06/19 16:00

イスタンブール・ガラタ橋の名物B級グルメ「サバサンド」の知られざる名店「バルクチュ・トゥファン」

tabizine.jp
tabizine.jp
バルクチュ・トゥファンのサバサンド

ガラタ橋の名物サバサンド
ボスポラス海峡によってヨーロッパとアジアにわかれるイスタンブール。ヨーロッパ側は金角湾によってさらに旧市街と新市街にわかれています。この金角湾に架かる旧市街と新市街を結ぶ橋が、ガラタ橋。旧市街のエミノニュから新市街のカラキョイに架かるこの橋は、二階建ての構造になっており、上の階は車やトラムが走り、地元の人たちがのんびりと釣りを楽しんでいます。

ガラタ橋

下の階はレストラン街になっており、名物のサバサンドはもちろん、ナルギレ(水タバコ)が吸えるお店や海鮮料理を出すレストランが軒を連ねています。

橋の下のレストランだけでなく、旧市街側の橋の袂では、湾に浮かぶ船でもサバサンドが売られています。辺り一面に漂う香ばしい匂いに誘われて、地元の人や観光客が吸い寄せられるかのように屋台に集まり、サバサンドを頬張る光景は、ガラタ橋を象徴する光景です。

ガラタ橋 旧市街側の橋の袂

バルクチュ・トゥファン
サバサンドで有名なのはもちろんこの旧市街側の屋台なのですが、ガラタ橋を渡った先にある新市街にも、実は地元の人に愛されるローカルなサバサンド屋「バルクチュ・トゥファン」があるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >