2019/07/02 16:00

ポーランドの首都ワルシャワを旅するべき6つの魅力

tabizine.jp
tabizine.jp
268057-14

ポーランドの首都ワルシャワ。日本人には今ひとつなじみの薄い都市というイメージもありますが、成田からは直行便が毎日運行し、気軽に訪れやすい旅先の一つ。今回は、そんなワルシャワを旅した筆者が感じた6つの魅力をお伝えしましょう。

瓦礫の山から蘇った旧市街
268057-01
1596年にクラクフから移されて以来、ポーランドの首都として美しく繁栄したワルシャワ。しかし1939年にナチス・ドイツ軍が侵攻し、第二次世界大戦が勃発。激しい攻撃によって街の8割以上が破壊し尽くされ、ほとんどが瓦礫と化してしまいました。

268057-02
戦後、復興に向けて市民が着手したのがこの旧市街の再建でした。実は戦時中にワルシャワ工科大学の学生たちが街の精密なスケッチを残しており、ナチス・ドイツ軍の目の届かないところへ保管していたのです。
それを手がかりに、瓦礫の山となってしまった建物を「壁のひび一本に至るまで」と形容されるほど忠実に修復。1954年には大部分の工事が終わり、戦前と寸分たがわぬ姿を取り戻します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >