2019/07/27 16:00

ルーマニアの「タピオカ事情」を調査!見つけたのは・・・アレだった !?【現地ルポ】

tabizine.jp
tabizine.jp
275221-1
共産主義時代の独裁者チャウシェスク大統領を処刑するというルーマニア革命から今年で30年。2007年には欧州連合EUのメンバーになったルーマニアですが、はたしてタピオカを食べているんでしょうか?首都ブカレストで探してみました!

独裁時代の建造物がものすごい迫力!ルーマニアの街を散策
空港から市内へ向かうタクシーの運転手さんがルーマニア革命のことを突然話し始めました。「今から30年前に僕たちは革命を起こしてチャウシェスク大統領を殺したんだよ」と誇らしげに。ちょっとびっくりしました。たった30年前の出来事ですし、まだまだ生々しい記憶を持っている人たちがたくさんいるんですね。

冒頭の画像はチャウシェスクが「国民の館」という表向きの名前で作らせた、実は自分のための建物で、その大きさは世界で2番目の大きさを誇る、公共の建物です。ちなみにアメリカのペンタゴンに次ぐといいますから、これまたビックリです!

275221-2
国民の館へと続く並木が茂る広いウニリィ通りを進むと、巨大な噴水が目の前に現れました。画像のバスの大きさと比べると、その規模がわかります。これも共産主義時代の遺産です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >