2019/08/07 10:00

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.10:望月竹次郎商店】

tabizine.jp
tabizine.jp
望月竹次郎商店 茶氷
静岡市の駄菓子屋カフェ、「望月竹次郎商店」は、茶氷プロジェクトで「両河内お茶あずき」を提供しています。銘茶の隠れ里である地元両河内のお茶のおいしさを活かすことを最優先し、中河内のあずきでお茶の渋みを引き立てた定番の茶氷です。

お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

望月竹次郎商店の「両河内お茶あずき」
望月竹次郎商店 茶氷

望月竹次郎商店 茶氷
今回ご紹介する「望月竹次郎商店」は、地元の人々に「たっけーさん 」と親しまれている、静岡市清水区の駄菓子屋カフェです。現在店内は、スイミーのワークショップで子供たちが書いた魚の絵が飾られています。清水といえば、ちびまる子ちゃん。永遠の小学3年生の気分でのびのびできそうな店内です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >