2019/08/11 16:00

マカオで本格ポルトガル料理|シーフードたっぷり・肉ガッツリで大満足の厳選2店!

tabizine.jp
tabizine.jp
Miramar(ミラマー)
東京から5時間でポルトガル情緒たっぷりのマカオへ!マカオっ子も納得のローカルでカジュアルな店、ちょっとおしゃれでフォーマルなレストランなどで、マカオ統治時代からの歴史に裏付けされた本格的なマカオ料理を堪能してみませんか。厳選2店をレポートします。

歴史的にポルトガルとつながりが深い「マカオ」って?
Macau
マカオのランドマークと言ったらこれ!と思い浮かぶ人も多いと思います。聖ポール天主堂跡の一部である聖母教会は、1602年から1640年にかけて建設され、1835年に火事で崩壊しました。そのファサード(正面壁)はいまでも残っています。マカオのシンボルとして街の祭壇のような存在となっているそうです。

Macau
ポルトガル人がマカオにたどり着いたのは16世紀初頭。その後すぐに中国、日本、インド、ヨーロッパとの貿易の中継点として港が作られたと言います。1999年に中国に返還されるまでポルトガル領でした。

歴史的にポルトガルとつながりが深いマカオには本格的なポルトガル料理のお店はいくつもありますが、今回は厳選した2店をご紹介します。
ローカルに人気、ビーチハウスのような「Miramar(ミラマー)」
Miramar(ミラマー)
マカオの中でも南に位置するコロアンには、南北に1㎞ほど伸びるビーチ、ハクサ・ビーチ (黑沙海灘)があります。その北端にあるのがミラマー。海岸へと降りる小道を歩いて行くと、青とオレンジ色を基調とした、まるでビーチハウスのような建物が見えてきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >