2019/10/20 10:00

広島のブランド牛「比婆牛(ひばぎゅう)」が美味しすぎる!実食ルポ【広島県】

tabizine.jp
tabizine.jp
和牛ブランドは日本各地に数多くありますが、広島の山あいの庄原市で育てられる比婆牛は、血統と品質の良さから高い評価を受けてきました。現在比婆牛を名乗れる牛は180頭のみ!「休暇村 帝釈峡」で、比婆牛ステーキ丼を食べてきました。
休暇村帝釈峡の「比婆牛ステーキ丼」

比婆牛ってどんな牛肉?
休暇村帝釈峡の「比婆牛ステーキ丼」
比婆牛は、長い歴史のなかで、天皇杯という畜産で日本一の評価を得たことがある、由緒正しき和牛です。

そのルーツは、昭和に交配を重ねてつくられた優れた系統牛の「あづま蔓(つる)」にあり、さらに遡ると、日本最古の蔓牛である明治の「岩倉蔓」に行きつきます。

比婆牛の肉は、「深いコク、上品な香り、豊かな風味、やわらかな舌触り、繊細な味わい」(引用:庄原市ホームページ)が特徴とされています。

最近、その品質の高さから国認定の地域ブランドに登録されました。今後はもっと一般に知られていくことが予想されます。

休暇村 帝釈峡の「比婆牛ステーキ丼」実食
休暇村帝釈峡の「比婆牛ステーキ丼」
「休暇村 帝釈峡」の「高原のレストラン」にやってきました。窓の外はパターゴルフ場で、緑の芝生が広がっています。遠くには、雲がかかる姿が特徴的な中国山地が見えます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >