2017/05/16 18:00

いますぐ食べたい!!北九州市の必食ラーメン5杯

ラーメン(¥600)。一口目はあっさりとした印象。食べ進めるごとに旨味が押し寄せる
ラーメン(¥600)。一口目はあっさりとした印象。食べ進めるごとに旨味が押し寄せる

福岡県の北東部に位置する北九州市は、福岡市と同じく、豚骨ラーメン文化が深く根ざしている地。今なお老舗が存在感を放つなか、若手の直球豚骨店も台頭している。体にスッ~と染み渡る淡麗系から、麺がスープを“持ち上げる”濃度大のものまで、絶対食べるべき5杯を紹介する。

■ 南京ラーメン 黒門

2016年1月に遠賀町より若松区青葉台南へ移転。今はなき伝説的店、北九州「黒木」に習った“南京ラーメン”は、透明感の残る豚骨スープが最大の特徴。骨をたぎらせないよう火加減に注意しながら煮込み、雑味、エグミがなく、豚骨の旨味のみを引き立てたピュアなスープを作る。チャーシューは食感の異なる豚バラと豚モモ肉が1枚ずつ、ネギより細かいアサツキを入れるのもこだわり。麺上げに使う平網や鉄鍋など、昔ながらの道具にも注目したい。

ラーメン(¥600)。一口目はあっさりとした印象だが、食べ進めるごとに旨味が押し寄せるスープは上品な味わい。油分を抑えているため飲み口、後味ともあっさりしている。大釜で麺を泳がせるようにゆがくのもイニシエのスタイル。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >