2017/06/11 06:00

【関西の洋食】肉・ソース・衣!旨すぎるビフカツの名店6選

「ビーフカツレツ」(1404円/約150g ※ランチは約100g)。ライス、スープ付きは(1026円)/グリル末松
「ビーフカツレツ」(1404円/約150g ※ランチは約100g)。ライス、スープ付きは(1026円)/グリル末松

ハンバーグやエビフライと同じく、洋食の大人気メニューなのが“ビフカツ”。そこで、肉やドミグラスソース、そして衣などにこだわる、ビフカツのおいしい洋食店に、ビフカツの“こだわりの3か条”を聞いてみた。名店の味がどのようにして生まれるか、店主が解説!<※情報は関西ウォーカー(2017年5月23日発売号)より>

■ 極上デミグラスソースが肉の旨味を引き出す!

「グリル末松」は、「グリル一平」など、名店で修業した店主が1998年に独立しオープン。以来19年間、毎日自ら市場に出向き目ききした食材で作る料理の数々に多くの人がとりこに。ビフカツはランチ時には8割が注文する人気ぶり。

「ビーフカツレツ」(1404円/約150g ※ランチは約100g)。ライス、スープ付きは(1026円)。

【こだわり3か条】<1>肉はミディアムレアな仕上がり。食べ始めにベストな状態になるよう計算されている。<2>油はつねに新鮮なものを使用。肉質やその日の天気によって、揚げる時間などを調整。<3>タマネギやワインなどを加え3日かけて仕上げるデミグラスソースは、ほんのりビター。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >