2017/06/20 16:53

濃厚すぎる鯛の旨味は衝撃的!!春日井の名店の新境地は鮮魚ラーメン!

2号店となる「麦の道 すぐれ」。尾張一宮駅から延びるアーケード商店街の一角にオープンした
2号店となる「麦の道 すぐれ」。尾張一宮駅から延びるアーケード商店街の一角にオープンした

2009年、愛知県春日井市にオープンした「麺者すぐれ」が自家製麺に切り替えたのは2012年ごろ。日々ラーメンを作るうちに麺打ちに興味を持ったオーナーの高松(※)知弘さんは、自分で小麦の香りの強い麺を研究し、完成した麺を使うようになったのだそうだ。徐々に評判になり、今では多くのラーメンファンを魅了する人気店へと成長。ネクストステージとして2017年3月13日、長年温め続けたアイディア、鮮魚ラーメンを主軸にした2号店「麦の道 すぐれ」のオープンを果たした。

店はカウンター席のみ。入口の券売機で食券を購入して注文するスタイルだ。ラーメンはたった3種類だが、どのメニューにも並々ならぬ情熱を感じさせる。

■ 鯛の旨味をギュギュっと凝縮

名古屋の台所、柳橋中央市場で鮮魚の卸をやっている父親から、質のいい鮮魚を毎日安定して仕入れることができるのが高松さんの強み。その強みを生かしたラーメン作りは、長年の夢だったと言う。設備や環境が整い、ようやくデビューとなった鮮魚ラーメン。まずは、炙り真鯛らーめん(800円)を発売した。「一口食べれば、鯛でしょ!と分かるようなラーメンにしたかった」と語る通り、丼が目の前に運ばれた時点から立ち上る芳醇な香りにノックアウト! 鯛のアラのみで抽出したスープに、上品で淡白な鯛の味をとことん濃縮。鯛そのものを食べるよりも鯛の旨味を感じられる一杯に仕上がっている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >