2017/06/22 18:49

ハヤシライスにスパゲティ!喫茶店「アマンド」で“昭和の味”を

昭和40年代の人気商品「スパゲティコスモポリタン」
昭和40年代の人気商品「スパゲティコスモポリタン」

喫茶店「アマンド」では、“昭和食堂”“昭和パーラー”と銘打って、昭和コンシャスな食事や甘味のメニューを提供している(六本木店、銀座店にて提供)。

昭和21年に甘味と喫茶の店として誕生した「アマンド」。アマンドの名前の由来は“甘人(あまんど)”からきている。ここでは、昭和を彩ってきた懐かしいメニューが楽しめるのだ。同社広報担当者は「昔を知らない方でもどこか懐かしさを感じるメニューをそろえています」と話す。

同店では、2016年の70周年に、あえて「古き良き」を生かしたメニュー展開を開始した。昭和40年代のメニューは、なんと当時働いていたシェフが再現している。

“昭和食堂”で復刻したのは、パテ風ハンバーグを特製デミグラスソースで煮込んだ「ハンバーグライス」(1180円・ドリンク付き)や、牛バラ肉の出し汁をベースに6時間煮込んだ、有名ホテルの料理人監修の「ハヤシライス」(1080円・サイドサラダ&ドリンク付き)、ケチャップをベースに、甘みを引き出したタマネギとサルサポモドーロを加えた「スパゲティナポリタン」(1000円・サイドサラダ&ドリンク付き)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >