2017/06/22 21:38

新「灼熱まぜそば」の辛さやいかに?三田製麺所“灼熱祭り”実食レポ

「灼熱つけ麺」の上を行く辛さ!6店舗限定で発売中の新商品「灼熱まぜそば」(並930円、大980円)
「灼熱つけ麺」の上を行く辛さ!6店舗限定で発売中の新商品「灼熱まぜそば」(並930円、大980円)

今年も三田製麺所に、“灼熱”の夏がやってきた。7年前にスタートして以来、激辛マニアを魅了し続けている夏の風物詩「灼熱祭り」。夏至の6月21日から9月末まで、“激辛”を凌駕する“灼熱”と銘打った夏季限定メニューを提供する。

今年は累計15万食を販売する「灼熱つけ麺」(並・中・大860円、特大960円)に加え、三田本店・池袋西口店・六本木店・恵比寿南店・有楽町店・北新地店の6店舗限定で「灼熱まぜそば」(並930円、大980円)が新発売。どれほどの辛さなのか気になった記者は、「我こそは」と名乗りを上げた男性スタッフ2名と共に、メディア向け試食会へ足を運んだ。

“灼熱”の辛さの秘訣は、特製ラー油と灼熱スパイスのダブル使いにある。灼熱スパイスは、唐辛子、ハバネロ、ハラペーニョの辛味成分を独自に調合。同店の担当者は「辛さの中にある旨味をぜひ味わってほしいと思います」とアピールする。

辛さのレベルは「灼熱つけ麺」「灼熱まぜそば」共に、1辛・2辛・3辛・極限の4段階から選択可能。目安として、「灼熱つけ麺」の1辛は通常メニューの「辛つけ麺」の4倍、極限は12倍の辛さとのこと。ここですでに怖気づいていた記者だったが、新発売の「灼熱まぜそば」はさらに辛く、1辛で6倍、極限に至っては16倍という驚きの数字が飛び出した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >