2017/07/15 10:30

「タップ」と「ボトル」で違いのわかるオンナに

カラフルで遊び心たっぷりの店内「Watering Hole」
カラフルで遊び心たっぷりの店内「Watering Hole」

お店で飲むビールは、タップと呼ばれる「樽生ビール」と、ボトルに入った「ボトルビール」のいずれかで提供されるが、実は、同じ銘柄でも保存の仕方で味わいが変わる。

■ 最高のビールは最高のコンディションから生まれる「Watering Hole」

自宅の壁にもタップが生えていたら…、なんて妄想をするようになったのは、「ウォータリングホール」のカラフルなタップに目を奪われてからだろうか。デコレーションされたハンドル、複雑に延びるブルーのチューブ、ビールの状態を管理する温度計や圧力計。そこから注がれるビールはきっと旨いに違いない。

「タップで注ぐビールは、やっぱり鮮度が違いますね。ビールっていうのは、ちょっとした温度の変化や衝撃で劣化します。もちろん味も落ちるわけです。僕たちの役割は、ブルワリーでできたてを飲んだ時と変わらない味を保ち、お客さんまで届けること。そのためにはタップでの提供が不可欠です」と店長の林さんは語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >