2017/07/12 18:08

あの星付き店の新業態!福岡・中洲の新名物「うな串」と「高級おでん」は必食

一(はじめ)流おでん(1品291円~)。写真は味がしっかりと染みた大根(324円)とトロトロに煮込まれた大ぶりの豚軟骨(518円)
一(はじめ)流おでん(1品291円~)。写真は味がしっかりと染みた大根(324円)とトロトロに煮込まれた大ぶりの豚軟骨(518円)

7月12日(水)、西日本最大の歓楽街である福岡・中洲の一角に九州でも例の少ない「うな串」と「高級おでん」をメインに掲げる和食店「鰻串とおでん 一(はじめ)」が開店した。

■ 日本料理の名店がプロデュース

店を手がけるのは、福岡の星付き日本料理店「しらに田」(福岡市中央区)。名店の味をより気軽に、好きなものを少しずつ贅沢に楽しめる新業態だ。料理はアラカルトを中心に、コース(5400円~)も用意。うな串や牛ヒレカツサンドのテイクアウト、近隣への配達サービスにも注目が高まる。

自慢のおでん(1品291円~)は、良質なカツオと昆布に加え、素材の香りや旨味が溶け出した風味豊かな漆黒のダシが決め手。新名物のうな串(1本410円~)は皮目が香ばしく、噛めばふわり、トロリ。生育環境で日本最高と名高い鹿児島県のウナギを使用し、白焼き、たれ焼き、肝焼き(数量限定)、野菜焼き(ウナギ+野菜)の4種をそろえる。鮮度のよさに加え、下処理、蒸し、焼きと、丁寧な仕事が光る逸品だ。おでんとうな串はいずれもテイクアウトが可能。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >