2017/07/31 20:30

【第14回】昭和価格のケーキとコーヒーでひと息。常連が集う純喫茶「ボンボン」

■ ほとんどが200円台!手ごろなケーキが常時40種類も

先代はバタークリームが主流だった時代にいち早く生クリームのケーキを売り出し、人気を集めた。地下の自社工場で作られるケーキは、販売店での購入はもちろん喫茶店でも味わうことができ、現在でもほとんどが200円台というリーズナブルな“昭和価格”も魅力のひとつだ。季節メニューなども合わせると常時40種類ほどが並び、どれにしようか迷ってしまう充実のラインナップ。

一番人気の「マロン」(250円)は、しっとりとした生地に生クリームがたっぷりと入った素朴な味わい。洋酒を使った見た目もレトロな「サバラン」(250円)や、シュー皮が特徴の「ボンボン生ロール」(250円)も店の看板商品で、いずれも先代が考案したものだ。また、ほかのケーキと比べると少し値は張るが、新鮮な桃を丸ごと使った夏限定の「丸ごとピーチ」(540円)も、毎年夏になると目当てに訪れる客も多いという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >