2017/08/07 17:11

つぶ餡、マスカルポーネともなかが融合!京都の進化系菓子「あんぽーね」が大人気!

あんぽーね
あんぽーね

あんこを使った和菓子を作り続けてきた店のセカンドブランドとして登場した、京都市の「京都祇園 あのん 本店」。ここの名物として今人気なのが、名前の響きもかわいらしい「あんぽーね」¥1,620(5個入り)だ。

■ 和洋が融合した新感覚にハマる!

「あんぽーね」は、瓶詰めになったつぶ餡(バリエーションあり)とマスカルポーネチーズを使った自家製クリーム、もなかの皮という3つの素材を組み合わせて、好みのもなかを味わうことができる新感覚スイーツ。もなかの皮は、滋賀県産の糯米(もちごめ)「羽二重糯」を使用のため、軽やかで香ばしいのが特徴だ。もなかの皮はとても割れやすくデリケート。割れてしまった皮を砕いて次の皮を焼く生地に混ぜるため、より香ばしさがアップするのだという。つぶ餡は北海道・十勝産の小豆を上質な砂糖で丁寧に炊き上げたもの。

そして、ほかにはない味わいのアクセントとなっているのが、レシピの完成まで1年半をかけたという自家製クリーム。ふわりと軽くて淡い塩気のあるチーズクリームが、餡の風味を巧みに引き立てる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >