2017/08/08 20:13

【第17回】創業以来の継ぎ足し味噌ダレで煮込む、「味処 叶」の元祖・味噌カツ丼を求めて

繁華街の路地裏に佇む創業68年の老舗。丼のイラスト看板が目印だ
繁華街の路地裏に佇む創業68年の老舗。丼のイラスト看板が目印だ

元祖・味噌カツ丼の店としてテレビや雑誌などのメディアに多数出演している「味処 叶(かのう)」。1949(昭和24)年の創業時から変わらぬ場所で、現在は2代目の主人が店を切り盛りしている。名物の味噌カツ丼を求めて、近隣で働く人から観光客まで連日多くの人が集う。

■ 創業当時の面影が残る、温かみのある店内

壁には撮影で訪れた著名人のサインや写真がびっしりと貼られている。テーブル席は低めで腰かけやすい造り。主人によると、高齢の方がいつ来ても座れるようにシルバーシートを確保しているとか。常連さんへの気配りは長年愛される名店ならではと言える。

2代目の主人は、亡き先代の息子さん。若かりしころは、先代とケンカしたこともあったそう。それでも、先代の背中を見て味を習得していった。「きちんと教えてくれたことはなかったですね。初めて私が作ったものも、食べてみるとダメ出しばかり」。店を任された今、昔ながらの作り方に工夫を凝らしながら、愛されてきた味を守り続けている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >