2017/08/04 05:42

絶対にハズさない! 名古屋の定番みやげ5選

■ ういろうを名古屋名物に定着させた名店「青柳総本家」

創業1879(明治12)年、130有余年の歴史を誇る老舗の「青柳総本家(あおやぎそうほんけ)」。創業後数年後に販売を開始した「青柳ういろう」や、ロゴマークの“柳に飛びつくカエル”をモチーフにした「カエルまんじゅう」など、ロングセラーの銘菓が並ぶ。もともとは蒸し羊羹の製造をしていた同社が「ういろう」の製造に乗り出し、1931年(昭和6)年には国鉄名古屋駅構内で販売を開始。それまで和菓子の一枠であったういろうを、“名古屋名物”として売り出すことに。転機が訪れたのは、東海道新幹線が開通した1964(昭和39)年。当時、東海道新幹線の車内販売の許可が下りたのは「青柳ういろう」のみ。新幹線の車内販売を通してその知名度は全国へ広がり、ういろう=名古屋名物としてのイメージを定着させる立役者となった。

■ ロゴから生まれたカエルまんじゅう。その愛らしい表情に注目!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >