2017/08/07 11:00

夏こそ食べたい!福岡の“非豚骨”ラーメン5選

「麺屋 ひとしお」の「塩そば」(650円)
「麺屋 ひとしお」の「塩そば」(650円)

豚骨以外のジャンル“非豚骨系”の店が続々と登場している、2017年の福岡のラーメンシーン。塩、醤油ラーメンの新店「麺屋 ひとしお」「高砂家」のほか、鶏や魚介、牛を引っさげて豚骨王国に挑む全5軒を紹介。澄んだスープが美しい、夏でもスルッと食べられそうなビジュアルとともにチェックしよう!

■ 和食要素が詰まった塩麺

和食出身の店主が作る鶏清湯(ちんたん)の塩、醤油そばで人気の「麺屋 ひとしお」が、2017年3月、上川端町に誕生した。「繊細な和食の“出汁”をとるように」と、鍋に入れる鶏、野菜の配置や組み方に注意を払い、香りが最も花開くタイミングで魚介素材を投入する。「塩そば」(650円)は、低温調理のチャーシュー、タケノコ、ミニトマトなど具も特徴的で、麺は「製麺屋慶史」に特注したものを使用。ほかに、変り種の月替り麺も用意している。

[麺屋 ひとしお]福岡県福岡市中央区笹丘1-31-3 / 092-291-2231 / 11:30~15:00、17:00~22:00(LO21:45)※売切れ次第終了 / 日曜休み、不定休あり

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >