2017/08/09 10:42

港町・ヨコハマらしい西洋館「えの木てい」で選ぶ素敵みやげ

「えの木てい」外観。アンティークなテラスが印象的
「えの木てい」外観。アンティークなテラスが印象的

横浜と言えば、異国情緒あふれる昔ながらの町並み、というイメージを抱く人も多いはず。その「横浜らしさ」を感じられるのが、山手の西洋館が並ぶ通り。そしてそのうちの一つが今回紹介する「えの木てい」だ。

かつて外国人の居留地だった山手に現存する数少ない西洋館の1つを、現オーナーの両親が自宅用に買い取り、スイーツ店を始めたのが始まり。

■ 1階はテラス席とティールーム

建物は、1927(昭和2)年、日本人建築家の朝香吉蔵氏が設計した英国式の洋館。元はアメリカ人検事が暮らしていた。暖炉、木製の上げ下げ窓、150年以上昔のアンティーク家具などもそのまま使用。古き良き港町・横浜の雰囲気を今も漂わせている。

1階はカフェ、2階は6名まで利用できる個室と、スイーツショップ(売店)がある。天気のいい日は、外のテラス席でお茶をするのもおすすめだ。ティーメニューが主だが、夏は4種程度のかき氷なども食べられるのも嬉しい。

■ 看板商品はチェリーサンド

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >